JA東京あおば自己改革 創造・改革・挑戦 ~耕そう、大地と地域のみらい~

平成29年6月末現在

Ⅳ 地域協同組合戦略

  • 企画中
  • 進行中
  • 実施

Ⅰ.食と農を基軸に、地域とJA、消費者と生産者を結ぶ架け橋

具体的実践事項①

食と農の大切さ、都市農業の大切さを発信するため、直売所利用者ならびに地域の皆さまを対象に、組合員が講師となって食の魅力を伝える場、野菜ソムリエ資格を持つ職員が、食の安全・安心を伝える場(食農教育の場)等を創造します。

進行中

練馬区と連携し、小麦作付収穫体験事業や果樹体験事業など、地域住民が気軽に参加できるイベントに協力しました。


具体的実践事項②

次代を担う子どもたちへ農業の大切さをアピールするため、社会科見学の受入や出前授業への協力などを積極的に行います。

実施
  1. 管内の小学校・中学校より、社会科見学を3校220名、職場体験を6校18名受入れました。
  2. 組合員・職員が農業に関する出前授業を、板橋地区・練馬地区で計4回行いました。

具体的実践事項③

組合員の育てた野菜を納品している飲食店と連携し、地産池消を促進します。

進行中

ホテルカデンツァ光が丘へブルーベリーを60kg、練馬漬物事業組合へ練馬大根を約1,500本、和菓子組合へ栗を120kg提供するなど、地産池消を促進しました。


具体的実践事項④

地区振興センター内に、生産者が気軽に情報交換ができる場などの設置を検討します。

進行中

石神井地区アグリセンター・大泉地区アグリセンターの敷地内には、休憩用の椅子と机が設置済みです。


具体的実践事項⑤

全支店を対象(直売所のある支店は除く)に、組合員・職員が企画し、定期的に野菜の店頭販売・マルシェを行い、食農教育・地域産消の促進を図ります。

進行中
  1. 関町支店、富士見台支店において計4回「どこでもマルシェ」が開催されました。
  2. 練馬地区アグリセンターが、11月より、貯金感謝デーに合わせて中村橋支店で即売会を実施しました。
  3. 板橋地区アグリセンターが、平成28年度より、貯金感謝デーに合わせて板橋支店で農産物やPB商品の販売を実施しました。

具体的実践事項⑥

拠点支店(JA-village)にキッズスペースを設置するなど、組合員・地域の皆さまが親しみやすい拠点づくりをめざします。

進行中

拠点支店(JA-village)でキッズスペースをリニューアルしました。他の拠点支店(JA-village)でも導入を検討中です。

一覧へ戻る

Ⅱ.地域協同組合運動の促進

具体的実践事項⑦

地域の情報を収集・発信する渉外活動を展開します。

進行中

振り込め詐欺等の金融機能の不正利用による犯罪被害が発生しないように警察署からの情報を活かし、職員で情報を共有し、窓口・渉外活動での情報発信や声掛けの実施に努めました。

一覧へ戻る

Ⅲ.広報活動の活性化

具体的実践事項⑧

都市農業・JA運動・地域の情報を発信する広報活動を強化します。

進行中
  1. 部署間の連携を強化し、日本農業新聞への記事出稿本数を大幅に増加させ220本の掲載実績となりました。
  2. 8月よりホームページ上で「活動報告ブログ」を開設し、イベントや各組織部会の活動を125回更新しました。

具体的実践事項⑨

都市農業への理解と関心の増進、都市農地が持つ災害時に果たす役割や多面的な機能についてPRします。

進行中
  1. 7月に拠点支店(JA-village)で行った「みんなのよい食プロジェクト」JA東京グループ統一運動にあわせ、都市農業の魅力や役割について書かれたパンフレットを配布し、都市農業や都市農地のPRに努めました。
  2. 石神井支店(拠点支店・JA-village)で「支店だより」を作成する際に、都市農地の多面的機能について掲載し、都市農業についてPRしました。

具体的実践事項⑩

地域の皆さまにとって身近に感じていただけるような支店だよりを発行し、組合員の紹介、職員紹介、地域のスポットなど情報を発信します。

企画中
  1. 石神井支店で「支店だより」を毎月発行し、年間で36,000部配布しました。
  2. 広報誌「あおば」を年間4回発行し、年間24,730部配布しました。また、誌面のリニューアルに伴い、地域に密着した企画ページの連載を開始しました。(平成29年4月発行からリニューアル)

一覧へ戻る