JA東京あおば自己改革 創造・改革・挑戦 ~耕そう、大地と地域のみらい~

平成29年6月末現在

Ⅱ 地域くらし戦略

  • 企画中
  • 進行中
  • 実施

Ⅰ.地域の活性化に向けたJAの機能発揮

具体的実践事項①

組合員・役職員が一体となって、地域主催イベント、行政・諸団体等と連携したイベントなどへ積極的に参加し、地域の活性化に貢献します。

実施
  1. 石神井地区青壮年部員が主体となり立ち上げた「どこでもマルシェ」を後援し、関町支店、富士見台支店で計4回開催しました。
  2. 板橋区民まつり・練馬まつりへの参加や、西武池袋線練馬駅前で即売会を実施するなど、地場産農産物やPB商品の販売を通じて、地域の活性化に貢献しました。
  3. 西武池袋線大泉学園駅前で地元商店会が開催した「ふれあい市場」に大泉地区振興センターが初出店しました。金融店舗の職員もアンケートを行い、PR活動を実施しました。
  4. 西武鉄道(株)主催のウォーキングイベントに石神井支店が給水ポイントとして協力し、PB商品「金子ゴールデン麦茶」を提供しました。
  5. 西武池袋線石神井公園駅前で開催された、西武鉄道(株)主催の「SEIBU Green Marche(西武グリーンマルシェ)」に初出店し、PB商品を販売しました。

具体的実践事項②

「買いたい」「食べたい」というニーズを持つ、(1)高齢者や子どもたちを支援するため、地場産農産物の子ども食堂施設への提供(2)農産物を掲載した軽トラ等の運行など、必要とされるサービスを提供します。

進行中

(1)高齢者や子どもたちへの支援

  1. 練馬区健康推進課が実施する「ちゃんとごはんプロジェクト」に協力し、地場産農産物を2回提供しました。
  2. 管内の小学校や中学校での防災訓練の炊き出し用に、地場産農産物を提供しました。
企画中

(2)農産物を掲載した軽トラ等の運行など、必要とされるサービスの検討

※平成29年度以降取り組みます。

一覧へ戻る

Ⅱ.組合員・地域のニーズを踏まえたJA事業の実践

具体的実践事項③

組合員・役職員が連携し、安全・安心なミニデイサービスなど高齢者福祉活動を実践します。

実施
  1. 各地区女性部・あおば共生の会と連携し、板橋地区で1回、練馬地区で3回、石神井地区で2回、大泉地区で2回ミニデイサービスを開催し、延べ283名にご参加いただきました。
  2. 認知症サポーター養成講座に職員10名が参加しました。

具体的実践事項④

農業者の高齢化や労働力不足を支援するため、農作業ヘルパー、援農ボランティアなど育成・活用を強化します。

進行中
  1. 練馬区農の学校運営協議会へ8回参加しました。
  2. 援農ボランティアを募り、33名にご協力を得られました。

具体的実践事項⑤

渉外担当者が組合員・地域の皆さまの声を聴き、各部署と連携しながらニーズに沿ったJA事業・活動に活かしていきます。

実施

子育て世代のサポートの一環として、年間100件を目標に「子育て応援定期貯金」「子育て応援定期積金」を推進し、平成29年3月末現在で定期貯金511件、定期積金153件の取り扱いがありました。


具体的実践事項⑥

組合員一人ひとりのニーズに応えるため、くらしの相談員を中心に相続・事業継承支援の充実を図ります。

実施
  1. 各地区資産管理部会で視察研修及び講習会を開催しました。
  2. 組合員向け税務・法律講習会を開催しました。
  3. 組合員向け相続、資産相談、遺言信託業務を実施しました。

具体的実践事項⑦

電気自動車や太陽光発電等に対する環境に配慮した融資商品を開発します。

企画中

※平成29年度以降に取り組みます。


具体的実践事項⑧

ひと・いえ・くるまの安全・安心を提供するべく、JA共済安心チェックキャンペーン(契約者全戸訪問)に取り組み、組合員ニーズに応える商品提案を行います。

企画中

7つの共済を自在に組み合わせ、一人ひとりに合った保障がデザインでき、ライフステージに変化に応じ、保障を見直すことができる「なないろデザインキャンペーン」を展開し、5,023件のお申込みがありました。

一覧へ戻る

Ⅲ.循環型社会への取り組みの実践

具体的実践事項⑨

寄付金付き定期貯金キャンペーンを実施し、地域の緑化に役立てていただくため行政への寄付を行います。

実施
  1. 「緑がいっぱい定期貯金」を取り扱い、JAバンク東京信連を通じ「みどりの東京募金」へ2,479,758円を寄付しました。
  2. 「おもいやり定期貯金」を取り扱い、板橋区、練馬区に計2,043,918円を寄付しました。

具体的実践事項⑩

年間を通じた節電をはじめ、環境に配慮した車両、太陽光発電、ペーパレス会議などの導入をめざします。

進行中
  1. クールビズを推進し、年間を通じた節電を実施しました。
  2. 電気機器の入替時に、省エネルギー機器の導入に努めました。
  3. 環境に配慮した車両を新たに4台導入しました。
  4. 常勤役員会及び企画会議、部署内会議等で、ペーパレス会議を導入しました。

具体的実践事項⑪

震災をはじめ、災害等により被害を受けた方々へ、組合員・役職員・地域住民による募金活動等を継続し、積極的に支援していきます。

実施
  1. 役職員への呼びかけや、支店に募金箱を設置するなど、東日本大震災(平成23年度からの累計額5,140,463円)、茨城県・栃木県豪雨被害支援募金(231,574円)など、災害被災地への募金活動を継続して実施しました。
  2. 熊本地震の被災地への募金活動を実施しました。また、支援物資を送りました。

一覧へ戻る